HOME » 会社概要

フレスコキクチとは

前向きに、ひたむきに

「フレスコ」はイタリア語の「新しい、新鮮」。
英語の「フレッシュ」に近いが、もうひとつ深い意味があります。
『前向き・積極的』という意味です。
また英語で「ESCO」は環境保全提案企業を指します。
「FRESCO」はお客様とお取引先様への誓いの言葉です。

フレスコキクチ

経営理念

  1. 一. 生活必需品の提供を通して、お客様に親しまれ、喜ばれ、役に立つ企業であること。
  2. 一. 地域に貢献できる人財として共に育つ企業であること。
  3. 一. 地域社会に貢献する企業市民であること。
  4. 一. 基本を徹底する企業であること。

社 是

  1. 一. 親切・清潔・新鮮がキクチの誇りである。
  2. 一. 率先行動がキクチの力である。
  3. 一. 健康・元気がキクチの未来を造る。

私たちは無限の能力を持っています。全員参加の企業を目指し、目的は必ず達成します。

社長あいさつ

代表取締役社長 菊地 盛夫

フレスコキクチへようこそ

代表取締役社長 菊地 盛夫

当社は、3つの目的を持って経営を行っています。

 一つ目は、お客様の豊かな食生活に貢献するという事です。
「食」は、毎日の生活をしていく上において、一番といっても良いほど、重要な要素です。
 この「食べる」という行為には、体に必要な栄養をしっかり吸収して、健康な体を維持するという意味と、おいしいものを食べることによって豊かな気持ちになって行くという2つの意味があると思います。
 フレスコキクチは、栄養があっておいしいものをお客様に毎日届け続ける義務があると考えています。

 二つ目は、働いている従業員の幸福追求を行っていこうと言うものです。
 従業員のみなさんは、一日の中、そして人生の中で多くの時間を仕事に費やしています。
 縁があって働いてもらっているみなさんが仕事を「楽しい」と、感じてもらえるようになってほしいと考えています。
 そのためには、新しいことを学び、それをもとに工夫を行い、結果としてお客様に喜んで頂く事。
 お客様の喜びを従業員の喜びとして、また新しいことを学ぶというような環境を創造して行く事。
 そしてワークライフバランスを確認しながら、プライベートも充実させる環境を整えて行く事を考えています。

 三つ目は、営業展開している地域への貢献です。
 地域の役に立つ企業に成るために、様々な活動を行っていきたいと考えています。

 当社は、江戸時代の末期 文久3年(1863年)相馬市において米問屋として商売をスタートしました。
 それ以来150年以上商売が続けて来られたのは、お客様・従業員・地域コミュニティのおかげだと深く感謝しています。
 これからも地域の役に立つ企業である為に進化し続けたいと考えます。

会社概要

  • 商   号

    株式会社キクチ

  • 設   立

    昭和25年10月

  • 事 業 内 容

    地域密着型スーパーマーケットの経営

  • 代 表 者

    代表取締役社長菊地 盛夫 代表取締役会長菊地 逸夫

  • 役   員

    取締役佐藤 弘道 取締役米谷 春夫 監査役板垣 宮雄 監査役菊地 幸江

  • 本部所在地

    〒976-0042 福島県相馬市中村字宇多川町17番地(相馬店) TEL 0244-36-3458 / FAX 0244-37-4088

  • 資 本 金

    4,000万円

  • 取 引 銀 行

    東邦銀行相馬支店、三菱東京UFJ銀行仙台支店、みずほ銀行福島支店

  • 加 盟 団 体

    CGCジャパン

フレスコキクチ

このページのトップへ