HOME » パート・アルバイト採用情報

パート・アルバイトをご希望のみなさまへ

福島県・宮城県で店舗を展開するフレスコキクチでは、現在各店舗でパート・アルバイトの募集を行っております。
ご希望の方は下記より様々な条件で仕事を絞り込む事ができます。

現在の募集をすべて確認する

■ 地域・店舗から探す

宮城県

■ 仕事の種類から探す

農産(青果)
旬のお野菜や果物を通じて、お客さまに季節感をお届けするお仕事です。
全国各地の市場から目利きのバイヤーが選んだお野菜や果物をカット・パック詰めしたり、陳列や値札シール貼りなどをしていただきます。
水産(鮮魚)
近隣市場から仕入れたイキのよい地魚や、全国各地の市場から目利きのバイヤーが買い付けた種類豊富な鮮魚を、お客さまにご提案するお仕事です。はじめはお魚のパック詰めや値札シール貼り、陳列などをしていただきます。簡単な盛り付けからはじめていただき、がんばり次第ですぐに包丁を使って刺身盛を美しく作れるようになります。
畜産(精肉)
フレスコキクチの誇るおいしいお肉を、お客さまのために小分けするお仕事です。
パック詰めや包装、陳列や値札シール貼りなどからはじめていただき、お肉のカットやスライスなど機械を使った技術的な職人技も身につけていただけます。
グロサリー
生活雑貨や日用品など、食品以外の魅力をお客さまにお伝えするお仕事です。
お客さまが思わず手に取りたくなるように品物を並べていただいたり、品切れのないよう補充や、値札シール貼りなどをしていただきます。
日 配
卵、豆腐、納豆、お菓子、缶詰、瓶詰、乾物、乾麺、お米など、食品の魅力をお客さまにお伝えするお仕事です。
お客さまが思わず手に取りたくなるように品物を並べていただいたり、品切れのないよう補充や、値札シール貼りなどをしていただきます。
惣 菜
お昼のお弁当、ご家族だんらんの晩御飯など、お客様の食事を楽しく笑顔においしくするお仕事です。お寿司、お弁当、お惣菜などをおいしく作ってきれいにパック詰めしていただきます。また、清潔な作業場のための清掃や調理器具の洗浄、美味しさを伝えられるような陳列や補充、値札のシール貼りなども大切なお仕事です。
チェッカー
(レジ)
レジ操作や接客、袋詰めなど、お客さまとのふれあいが最も多いレジ清算のお仕事です。あなたの元気と明るさが、お客様の笑顔の素になります。
管理
(事務・清掃)
お客さまに快適・安全なお買い物を楽しんでいただけるよう、店内や周囲をきれいに保ち、カート等を回収することが主なお仕事です。

■ パートタイマーのなかまたち

東原町店 チェッカー部門髙田 直美さん

「2児のおかあさん。地元のお客さまに親しまれて、忙しくて楽しい毎日です。」

楽しそうに、ころころ笑いながら話してくれる明るい高田さん。 そしていつも心配りを忘れない。

小さいお子さんを抱っこしたお母さんや年配の方々には、特に。

「やっぱり、大変だなって思ったらお手伝いしたくなるじゃないですか」
小銭を数えるのに手間取ってしまうお年寄り。
荷物を運ぶのが大変なお母さん。
おつりを数えてあげるとか、カゴをサッカー台にはこんであげるとか。

「後ろで待ってらっしゃるお客さまにはちょっと時間がかかって申し訳ないとも思うんですけど、やっちゃうんですよね。」

「優しいお客さまばかりだから、大丈夫かなとも思うんですけど。」

「お休みした翌日とか、お客さまに『昨日、高田さんお休みだったんだねぇ』とか言われたりするんですよ。名前とか覚えていただくとうれしくなっちゃいますね。」

休憩室でお話をうかがっているときにたまたま休憩していた後輩にも
「最近、手際良くなったよね。ずいぶん早くなったと思う。最初のころは大丈夫かなとか思って結構厳しく言ったけど。」

そんなに怖かったんですか?

後輩さん「いえ、怖くないです。やさしくしっかり指導していただきました。」

優しく頼りになる先輩でもあるようですね。

蔵王店 農産部門武田 富美さん

「本当のおいしさ」

7年前に入社して以来ずっと農産部門でがんばってきた武田さん。
いまでは、野菜や果物の新鮮さやおいしさがある程度目利きできるようになってきた。
「本当に美味しい物を知ることのできる、最高の職場ですね。」
お客様とのふれあいが楽しい。
「これ、こうやってたべるとおいしいわよ~」とか、教えてもらうこともある。
もちろん、「これ、どうやってたべるの~?」とか、「○○のつくりかた、おしえてもらえないかしら」など聞かれることも多い。
「いつもお客様の立場でおいしさを考えながら働いてます。というか、自分がおいしいと思えるようにしています。」

亘理店 チェッカー立花 賀偉さん

「うれしいですね。」

小さい頃にやさしくしてくれたレジのお姉さんに憧れ、高校時代にフレスコキクチでアルバイトをはじめた立花さん。
高校を卒業してショートタイムのパートを経てロングタイムのクルーと呼ばれる立場になった。
働く時間だけでなく、仕事の内容も広がり、責任も増えていった。
クルーながら主任に任用され、さらに社員登用試験を受けて、見事合格。
部下を指導しながら、それでもベースはお客様とのふれあい。
「お年寄りとか、小さいお子さん連れたお母さんには、やっぱり優しくしたくなりますよね。」
「遠くに引っ越された方が、わざわざ赤ちゃんを見せに来て下さったことがあるんですよ。」
「本当にびっくりしましたけど、うれしかったですね。他に用があったわけではなくて、わざわざですから。」
妊娠中によく来店されていたお客さま。きっと、立花さんが気遣い、よく話しかけていたからだろう。
「大変なこともありますけど、そんなことがたまにあって、やっぱりうれしいですね。」

大河原店 惣菜部門玉手 恵美さん

「おいしい職場です!」

どんなお仕事ですか?
「おいしいお仕事です。」

おいしい?
「主婦として毎日ご飯作るじゃないですか、それが仕事に生かせておいしいし、仕事で料理の腕が上がって家で作るご飯もおいしいし、新しいメニューとか教えてもらっておいしいし、試食もおいしいし。ほら、自分が食べておいしくないものをお客様にだせないじゃないですか。それにお客様から尋ねられたとき、何が入ってるとかどんな味だとか、あとはお子さんがいらっしゃる場合は辛すぎないかとか。」

よくお客様とお話しされるんですか?
「結構お勧めとか何が入ってるのとか聞かれるんですよ。お話しするのも楽しいのでそれもおいしいですね。」

職場はどうですか?
「角田もそうですけど、ここってみんながファミリーな感じで、働きやすいんです。お互いに勤務シフトとか相談してうまくやっていけるし、みんなやさしいし。」

おいしい職場ですねぇ。

このページのトップへ